研究実績

サンライトヒューマンTDMCのこれまでの主な研究業績をご紹介いたします。

研究者研究内容・学会PDF
石津茉歩2021部下の研修転移を促す上司向け行動支援ツールの開発–パフォーマンス向上のためのチェックリストとデザインシート – pdf
鈴木克明・加藤幸路・平岡斉士2020交流距離理論の足場かけ総量からの再解釈提案日本教育工学会第37回全国大会(オンライン)発表論文集 pdf
石津茉歩・ 江川良裕・久保田真一郎・平岡斉士2020研修転移を可能にする受講者上司のパフォーマンスモデルについての考察と研修デザインへの導入提案日本教育工学会第37回全国大会(オンライン)発表論文集 pdf
副島潤子2019企業内教育研修における「場」の活用に関する研究 -「研修転移」を超えるための教育研修担当者の働き- pdf
櫻井良樹・寺田佳子・ 高根祐次・五十嵐寿恵・ 合田美子・権藤俊彦・ 森田晃子2012eラーニング専門家人材に必要なコンピテンシーの体系再構築-HPIを包含する役割定義と標準業務プロセスの見直し教育システム情報学会第37回全国大会(千葉工業大学)発表論文集 pdf
廣庭晴香・白木信義・ 岩永康之・森田晃子・ 早川勝夫・鈴木克明2012医療従事者パフォーマンス改善プロジェクトにおける現状分析-94床急性期病院の取り組み事例教育システム情報学会第37回全国大会(千葉工業大学)発表論文集 pdf
岩永 康之・廣庭 晴香・ 森田晃子・ 早川 勝夫・ 鈴木 克明2012ID初心者がIDを体感するためのID学習会方略‐既存心肺蘇生講習会の三変化教育システム情報学会第37回全国大会(千葉工業大学)発表論文集 pdf
小野暁・森田晃子2011成果につながるシナリオ型e-Learningを活用したブレンディッド学習の実践第5回医療系大学e-ラーニング全国交流会 (産業医科大学) pdf
森田晃子・根本淳子・ 江川良裕・鈴木克明2010MR教育者の自主的な学習を促す学習ポータルの開発日本教育工学会論文誌34(増刊号) pdf
森田晃子・根本淳子・ 江川良裕・鈴木克明2009自主的な学習を促すIDに基づく学習ポータルの設計 -MR教育担当者が学習する「場」を考える-教育システム情報学会 第34回全国大会(名古屋大学)発表論文集 pdf
森田晃子2008モバイルメディアを活用したARCSモデルに基づく動機づけ ‐ID理論を学んだSMEが実践したこと‐.教育システム情報学会第33回全国大 会講演論文集 pdf

詳細検索

キーワードで探す

人気の記事

優秀な人材を育てる「研修計画書(ミクロデザイン)」の概要

社員を「自ら考えて育つ人材」に…
「インストラクショナルデザイン(ID)」とは?
【連載 第11回】優秀な人材を育てる「研修計画書(ミクロデザイン)」の概要

【元教育部長ハヤカワの本音】Off-JTとOJTの現状を確認しませんか?

【元教育部長ハヤカワの本音】
Off-JTとOJTの現状を確認しませんか?

次回開催に生かすための「研修アンケート」の使い方

社員を「自ら考えて育つ人材」に…
「インストラクショナルデザイン(ID)」とは?
【連載 第24回】次回開催に生かすための「研修アンケート」の使い方

【ワークプレイスラーニングを考える】第3回 成長実感は未来につながるか

【ワークプレイスラーニングを考える】
第3回 成長実感は未来につながるか

ARCSモデルとは

ARCSモデルとは

公式SNSで最新情報配信中

facebook youtube
close

LABO 記事検索

カテゴリー

視点

テーマ

タグ

close
無料ダウンロード

無料ダウンロード

企業内教育に
活用できる
フレーム配布中